意味のある組織改革

December 17, 2013

今日は組織改革ついてお話したいと思います。

以前、ブログに書きましたが、

経営マネジメントとは

①戦略の改革 ②組織構造・仕組改革 ③人事・教育改革 ④組織風土改革です。

この中で、企業は定期的に市場環境の変化への適応と組織のマンネリを防ぐ為に、

組織構造改革を定期的に実施する必要があります。

ところがいざ、この組織構造改革の議論をすると、反対意見が色々でます。

組織を変えたら、以前に対して売上が下がったらどうしよう。

利益が上がらなかったらどうしよう。

適切な人材がいないというように。

しかし、組織改革は現状の組織が機能不全になっている、

新たな市場環境に適応しない、何十年も同じ組織の為に業務がマンネリ化している、

というような問題を解決する為に実施されます。

言い換えると組織改革は「変える事に意味」があると考えるべきと思います。

当然、新しい組織にする時は、

その組織改革の狙い、各部門組織の役割、ミッション、職務分掌等を整備し、

組織構成員に変革の意味を周知徹底する必要があります。

皆さんの組織でも、組織変更の意味、必要性を十分、考えてみてください。

Advertisements